歴史モノ好きなんですよ、ぼく。かなり読みあさっていますが、「イノサン」はずば抜けてクオリティが高いです。


処刑人一家「サンソン家」を美麗に描く

18世紀、「自由と平等」を望み、現代社会の出発点となったフランス革命。 その闇に生きたもう一人の主人公シャルル-アンリ・サンソン。彼は、パリで死刑執行人を務めるサンソン家四代目の当主。 その過酷な運命に気高く立ち向かった“純真”を描く、歴史大河の開幕──!!

イノサン」はフランス革命期に生きた処刑人一族、サンソン家を題材にした歴史マンガ。

この骨太なテーマを描くのは、「孤高の人」のコミカライズですばらしい筆致を見せた坂本眞一氏。いやもー、外れるわけがありませんね。こちらも一気に読める名作中の名作ですので、未読の方はぜひ。

手に取るや否や、坂本氏の美麗な絵に圧倒されます。

IMG 8183

見開きのインパクトもすごい。

IMG 8184

主人公のシャルルは死刑執行人一族に生まれるも、死刑には反対の立場を取ります。

IMG 8186

なんとも小説のような話ですが、これは史実なんです。

サンソンは死刑執行人という立場でありながら、熱心な死刑廃止論者だった。何度も死刑廃止の嘆願書を出しているが実現することはなく、逆に人類史上2番目に多くの死刑を執行する結果になっている。死刑制度が廃止になることが死刑執行人という職から自分が解放される唯一の方法であると考えていたと手記に書き残している。

シャルル=アンリ・サンソン - Wikipedia

史実的には、彼はあのルイ16世を処刑した人間だったりします。

IMG 8187

まだ物語には描かれていませんが、シャルルはルイ16世の信奉者でもあったので、相当な葛藤に直面したのでしょう。どのように描かれるのかが楽しみです。

皮肉にも彼自身は王党派であった。ルイ16世を熱心に崇拝しており、自分が処刑するという結果になってしまったことを生涯悔いていた。フランス革命当時はルイ16世のためにミサを捧げることは死刑になるほどの重罪でありながら、神父を匿って秘密ミサを上げていたという。

シャルル=アンリ・サンソン - Wikipedia

死刑執行人として初めての仕事に、彼は失敗してしまいます。ロングソードで人の首を切ることは、そう簡単ではないのです。衆人環視の環境のなか、シャルルは自分を見失い、囚人をめった打ちに。

IMG 8189

死刑というのはこの時代、「大衆娯楽」だったと、「死刑執行人サンソン」著者の安達正勝氏は語っています(4巻)。

ところで、残酷な処刑に心を痛めていた人ももちろん多かったのだが、もう一面においては、処刑が当時の人々にとって一種の娯楽、見世物になっていたということを指摘しておく必要もあるだろう。国家の側が処刑を公開していたのは、見せしめのためだった。

しかし、一般の人々は、国家のこのような願望をほとんど意に介していなかった。人々にとっては、処刑を見物することは、スポーツ観戦や観劇と同じように、一種の気晴らしに近かった。友人知人とわいわい騒ぎながら、ひとたび処刑が開始されると、その光景を固唾をのんで見守るのであった。

シャルルの初仕事は、「娯楽」としては失敗なわけです。

IMG 8191

そんなわけで、彼は処刑を「観覧」しにきた大衆から、石を投げられてしまいます。なんと理不尽な…。

IMG 8192

ふたたび安達正勝氏の言葉を引用。

剣で人間の首を斬るというのは、とてつもなく難しいことなのである。それゆえに執行人が一太刀で首を撃ち落とすと群衆は喝采を送るのだが、不手際を犯すと死刑囚への怒りは処刑人へと転嫁し、最悪の場合は暴動に発展することもあったといいう。人を死刑にするというのは、死刑執行人にとっても命がけなのである。

処刑人の苦悩に向き合いながら、シャルルは彼なりの方法で「人道的な処刑」を執行していきます。

IMG 8193IMG 8194

「イノサン」は英語でいう「inocent」、すなわち「無垢」という意味の単語です。死刑反対派の死刑執行人という矛盾に満ちた存在である彼が、どのような生涯を送るのか。続きは本編でぜひ。

IMG 8200

7月12日現在、30%ポイント還元でお得になっています。これは今年のマンガ大賞とか取るんでしょうねぇ。