もう一つブログ論。これは大切なことなので釣られておきましょう。


Adsense依存はヤバいです

まあ、「ネット乞食」を「プロブロガー」というネーミングに置き換えてうまく集金に成功した点についてだけは褒めてもいいですが、残念ながらイケダハヤト先生の書くコンテンツに中身が全くない点については散々指摘されていますし、何より「コンテンツのお役立ち度に応じて広告収入を分配してくれる」という点では全世界最強とされるGoogle AdSenseに50万円/年程度の価値しかないという評価をされている時点で、内容としてはほぼ終わっていると言っていいでしょう。

350万以上もオリジナル広告がもらえるのはすごいよとか言っている人がいますけど、全然すごかありません。350万円AdSense収入がある人のほうがずっとすごいのです(記事の内容が、です)。

イケダハヤト先生のAdSense収入は大したことないらしい - だいぶつのブログ

一部のブロガーの間では、なぜか「Google Adsenseで稼いでいる=すごい」みたいな認識があるようで、ちょっと驚いています。「350万円AdSense収入がある人のほうがずっとすごいのです(記事の内容が、です)」というのは、ぼくにはまったくなかった価値観です。


そして、うちのブログは自社広告やめてAdsense貼れば、350万くらい行くはずです。まぁ、絶対やりませんけどね…。

なぜやらないか。Adsenseはかなり収益源として不安定なプラットフォームだからです。突然Googleから停止されることも、ごく普通にあります。うちのサイトは3回ほど不正クリック攻撃を受けて、支払いが停止するという事態も起きています(ホント、業務妨害なので刑事訴訟したいですよ)。

こういうトラブルに出会っているブロガーの方は、けっして少なくありません。有名どころでは「No Second Life」が一時期憂き目にあっています。

Twitterでは何度かツイートしていたのだが、このブログに掲載しているGoogle AdSense広告の停止処分を受けていた。

お陰さまで無事広告は再開され、今は通常通り表示されているのだが、停止処分は初めてのこと。

ビックリもしたし、広告が停止されている間はいろいろ考えさせられた。

Google AdSense広告をいきなり停止されまして | No Second Life


「わかったブログ」のかん吉さんも、停止の報告をしていますね。

先日googleから「サイトへの AdSense 広告配信が停止されています」というメールが届き、直後から当ブログの全てのアドセンスの表示が停止してしまいました。

「知らなかった」では済まされない!全てのアドセンス利用者が知っておくべき「ポリシー違反」と対策方法


「gori.me」を運営する会社員ブロガーのゴリさんも停止された経験があるとのこと。この記事めっちゃ参考になるのでぜひ。

Google Adsenseは予告もなく突然停止させられる。さらに具体的に何が問題なのかは教えてくれず、違反したざっくりとした理由しか書かれていない。その内容を元に必要箇所を修正し再申請してただひたすら結果を待つ、という精神衛生上あまり良くないフローとなっている。

実は過去にも1度停止処分を受けたことがあったが、ある程度覚悟していた部分もあり、それほど長い期間停止させらずに済んだ。

Google Adsense停止から復活までの道のり!川村ゆきえでも許されなかった! | gori.me(ゴリミー)


この種の事例については枚挙に暇がありません。本気でサイト運営していれば、一度は経験するといっても過言ではないでしょう。コンテンツやデザインはまだ気を付けようがありますが、悪意ある攻撃はどうしようもないですからね…犯罪として認識されればいいのですが。


「イケハヤ書店」の脱Adsense対策

スマホの浸透によって、そもそもバナー広告という形態自体がオワコンになりつつあります。そもそもAdsenseを貼付けていない大手メディアも、海外ではぼちぼち登場してきています。大きな流れとして「脱バナー」「脱Adsense」は明確に観測することができます。というか、それを知らないでブログで稼ごうとしているのはヤバいです。

「イケハヤ書店」は「脱Adsense」に力を入れておりまして、ひとつには「自社広告枠」を販売しています。現在一社分空きがあるので、気になる方はぜひ。色々おまけが付いていたりするので、普通にAdsenseに出稿するよりお得な価格になっているかと(nubonba@gmail.com までお問い合わせを)。

また、最近は「記事広告」にも力を入れています。雑誌なんかでは一般的ですが、ウェブの世界では今まさに盛り上がり始めた段階です。これまでに4社分の記事を制作しています(ブランドコンテンツ(記事広告)販売中:5万円でイケダハヤトが取材に行きます : イケハヤ書店)。こちらは毎月1〜2本制作して、年間売上50〜100万円くらいを見込んでいます。

もう一つは「有料メルマガ」。こちらは年間50万円くらいの売上に着地しそうです。長期的には、メルマガで300万円くらい稼げるようになるといいのですが…やっぱり難しいですね(有料メルマガ難しすぎ!100人で伸び悩み!失敗した!…けど続けていきますよ : イケハヤ書店)。

他にも「イベント」「書籍執筆」あたりも、派生的な収益として数十万円、売上が発生しています。分散化には力を入れているので、もしAdsenseが止まっても、大ダメージを受けることはありません。


というわけで、本気で稼ごうとしている人は、依存から抜け出すよう努力すべきです。長期的にみれば、バナー広告自体がオワコン化しています。どうぞご注意くださいませ。