2年間の「地域おこし協力隊」を終えた、冨安寛樹さんを取材させていただきました。貴重なサンプルですので、がっつりご紹介いたします。


地域おこし協力隊とは?

スクリーンショット 2014 03 26 9 51 13

まずはあまり知られていない「地域おこし協力隊」の解説をざくっと引用。

地域おこし協力隊は、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで、上記のような意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする取組です。

具体的には、地方自治体が都市住民を受入れ、地域おこし協力隊員として委嘱し、一定期間以上、農林漁業の応援、水源保全・監視活動、住民の生活支援などの各種の地域協力活動に従事していただきながら、当該地域への定住・定着を図っていくものです。

地域おこし協力隊について|地域を変えていく新しい力 地域おこし協力隊

ざっくり言うと、給料をもらいながら地域に2〜3年住んで、地域をよくしていくという取り組みです。導入する自治体はすごいペースで増えてきているそうな。

そんな貴重な経験を積んだ富安さんのお話をどうぞ。


就活に失敗して「地域おこし協力隊」に。4月からは公務員に

1451509 551539938249601 326343711 n1

(冨安さんのイラスト)


イケダ:いやはやお久しぶりです。どのくらい北海道の平取町で活動していたんですか?

冨安:活動期間は2年ですね。基本は3年なのですが大学休学して始めたので、卒業しに戻ったりして実質、平取町にいるのは2年弱です。任期終わったあとは、公務員になるんですよ。地域おこし協力隊の人の進路はケースバイケースなんですが、僕の場合は期間内に定住できる目処ができなかったので、公務員試験を受けたんですが、無事に受かりました。

イケダ:すごい、おめでとうございます。晴れて就職できたわけですね。

冨安:なので、4月からは平取町の職員になりますね。公務員になろうと思っていたわけではないので偉いことを言えるわけじゃないですが、地方の自治体というのは、そもそもその土地で生まれて、住んで、公務員になって…という人が多いと思います。協力隊のような制度でぼくのような変なヤツが入っていくのは良いことなんじゃないかと思います。

もっとも、公務員だから安定ということはないと思っています。地域おこし協力隊というよそ者として来た立場から、その町の公務員になる、ある意味でこれは新しい生き方のひとつにはなっているの形だと思います。協力隊の活動をどう活かしていけるかはしっかり考えていきたい部分です。


協力隊としてPC教室を運営

イケダ:そもそも何で協力隊やってるんでしたっけ。コミュ障で就職活動に失敗したというストーリーでいいんですか?(笑)

冨安:ホントそうですね(笑)きっかけでいうと、大学四年のときにアトピーで一度入院しているんです。あの頃は就活上手くいかないし、アトピー悪くなるわで憂鬱の極みでしたね(笑)

で、入院をきっかけに都市とは環境が違う、地方での暮らしというものに強く関心を持ち始めました。就活はESと1次面接でほぼ落ちて見事なほどにうまくいかなかったですね。コミュ障なんで…(笑)

それでリクルートスーツなんて2度と着たくないし、凄まじく就活をしたくなかったので、地方で行く方法何かないかなーって色んな人に会ったり、イベント参加したり、情報収集するうちに地域おこし協力隊のことを知ったんです。イケダさんも知ってる方だとアースカラーの高浜さんとかお世話になったりしました。

2011年の7月くらいに平取町に行きました。募集人数は各自治体マチマチで10人くらい募集しているところもあれば1人の自治体もあり、ぼくのところの同期は3人でしたね。

イケダ:具体的にどんなことをなさっていたのでしょうか?

冨安:まずは、地域に入るために何でも屋みたいなことをやっていました。草刈り、除雪、農作業の手伝い…何でもやりましたね。コミュニティカフェのようなものもやってましたが、僕は活動の方針がブレブレで、限られた時間で成果を出そうと思ったときに、方針ブレブレだときついですね。

あとはナリワイづくりというところで、林業関係の取り組みをしていました。他だと、PC教室ですね。地域おこしってそもそも何だという話ですが、地域の人たちが楽しく暮らすためのムーブメントという意味では、PC教室はうまくいったと思います。

IGo QpLN

最近「タブレットばあちゃん」が増えていて、すごいですよ、ぼくのフェイスブックにコメントしてくれます。PC教室来ている人たち向けにチャットを立てるんですが、スタンプ使うんですよ。こんな感じで(画面見せる)。

イケダ:うお、ホントに使いこなしてますね!すばらしい。おじいちゃんおばあちゃんはスタンプが好きだという話はちょいちょい伺いますが、これホントなんですね。

冨安:そうなんです笑 今までなかったコミュニケーションが生まれていて、これは面白いですね。おばあちゃんたちいわく、普段の生活で外に出るきっかけが以外とないらしいんですよ。そこでこのパソコン教室の場がパソコン、タブレットがあって顔見てワイワイ話できるいい場所になってて。認知症の予防になるからやる!とも言われています。

もっとも、個人差はあって、覚えるのが早い方もいればそうではない方もいます。緩い感じでやっていますが、レギュラーメンバー的にいらっしゃるおじいちゃんおばあちゃんは15〜16人くらいですね。

イケダ:PC教室はボランティアなのでしょうか?

冨安:ボランティアですね。自治会長の方がパソコン教室をやりたいけど講師がいないということでお願いをされて。色々な方が協力してくださいました。地元のおばあちゃんたちも前向きにやっていただいて、今後も続けていくことになっています。

でもここに地域おこし協力隊の難しさがあって、すごいいい活動だと思うんですけど元々お金儲けを目的に始まってないから、僕たちが定住するための収入源は別で考えないといけないんです。何というか・・地域おこし活動と定住のためのお金を得るための活動って結びつかない気がします。この辺りは地域おこし協力隊のジレンマ!?なのかもしれません(笑)


平取町の暮らしのリアル

(平取町はこんなところ)

イケダ:生活のリアルなところを伺いたいんですが、家賃とか車とか、そこら辺について教えてください。

冨安:車は必須ですね、僕も買いました。家賃は、約1万です。3部屋で1万円とかもありますね。

イケダ:…いやー、ほんっと家賃の差には驚きますよね。

冨安:ただ不動産屋がなくて、町営住宅か持ち家に住まれるか、という感じですが、住環境でいうとよくはないと思います。風呂は自動じゃないし、トイレはボットンですし。あと、駐車場代という概念はないです。空いてれば自由に止めていい場所もあります。

イケダ:まさに北海道はでっかいどう。やっぱり寒いんですよね。

平取は雪は少ない方ですが、冷え込むと水道凍ったりとか、住宅が古いんで寒いですね。気温はマイナス20度いきます。灯油代結構かかります…。

イケダ:マイナス20度!耳取れますね。外出るんですか?

冨安:出ます。が、車のエンジンがかからなかったりします(笑)実は、吹雪の日に事故ったんですよ。同じ日に2回。

イケダ:一日で2回!

冨安:ホワイトアウト状態になって前が見えなくて追突して一回と、鹿が出てきて避けてスリップして落ちて二回目。死んでてもおかしくないですね。それで今、車は二台目笑

イケダ:北国はそこら辺、怖いですよね。食事はどうですか?

冨安:自炊ですね。地元にセイコーマートとローソンと農協があるので、買い物には困らないですね。普通の一人暮らしの男のイメージですよ。ちょいちょい貰い物はありますけどね、野菜とか漬け物とか。

あと、鹿と熊は捕れますね。食肉加工施設がないのでハンターさんが自分で解体している感じですね。熊の焼き肉、味噌なんかで漬けた肉も食べました。春と秋は山菜が採れます。

イケダ:土日の過ごし方はどうでしょう。

冨安:一時間くらいいったところにスキー場がありますね。夏はキャンプもできます。平取は百名山もあるので、山登りにもいいでしょうね。ただ僕はインドアだったので…。

イケダ:インドアで何をしてたんですか?

冨安:はい、読書、読書です。ひきこもり体質なんですよ…静かですからね。最高ですよー家で読書してもいいですし、ちょっといったら自然豊かで静かなところもあるので、そこで本を読むのもいいんでしょうね。後はブログ書いたり笑

イケダ:うん、多分ぼくもその環境なら読書しますね。ネット環境はあるのでしょうか。

冨安:ネット環境は地区によっても違いますが、中心地的なところは普通につながります。だいぶ広がりつつあって、そこら辺の不便はなくなっていますね。

全部で1ヶ月どれだけお金がかかるかっていうと、たぶん僕はネットとスマホで約1万、家賃1万、車ローン1万、水道光熱5000、ガソリン1万、税金1万5千、食費3万・・とかで10万あればやってけます。

イケダ:うぅ、さすがですねぇ。安い。若い人はいるんでしょうか?

冨安:若い人は少ないですね。ぼくが平取来てから、5,500人くらいの街ですが、毎年100人ペースで減っています。亡くなっている方に加えて、高校生が卒業と同時に街を去ります。

イケダ:戻っては…こないんでしょうね。

冨安:ですね。高卒でもちろん残る若い方もいて、パターン的には農家か、農協か、役所か、福祉関係か、学校の先生か…かなり限られますよね。土建会社もありますが、どの会社も厳しいみたいです。

観光産業はアイヌ文化もあったりと可能性を秘めてるのでどうやって情報発信していけるか、が今後の課題だと思います。その辺りは地方の弱い部分ですよね。

イケダ:他の街の課題でいうと、どんなものがあるのでしょうか。

冨安:生活インフラの老朽化が進んでいますね。学校、病院、役場の庁舎、町営住宅…生活環境の問題が大きいです。人口減るわ、税収減るわ、生活インフラ老朽化するわ…という感じで、地方にはこういう町が多いと思うので、地方の暮らしって生活環境を考えると厳しい部分がかなりあると思います。


地域おこし協力隊に参加する際の注意点

イケダ:協力隊として参加するときの注意点、感じた課題みたいなものはありますか?

冨安:ぼくは休学中に協力隊になりました。何かの経験を積んできたわけではないので、やはり、最初は何をやるべきかがわからなかったですね。第一次産業に詳しいわけでもないですし、一芸に秀でている人わけでもないですし。そこら辺は実力不足だな、と痛感しました。

ブログでも書いたんですが、受け入れ自治体の問題もありますね(地域おこし協力隊で最も大事なのは、受け入れ地域が何をしたいか)。募集要項を見ると「ここに行ったら3年無駄にするな…」というのはわかったりします。その自治体にしっかりとした意図があるか、漠然とやっているかを見たほうがいいですね。

突破力がある人でも苦労なさっているので、地域が何をしたいかがまずあって、そこに足りない人材を募集するというスタイルがいいと思いますね。ただ、地方にそこまでの受け入れ体制をつくる力があるかというとそうでもなくて、結局、協力隊の人たちの突破力も求められてきます。

受け入れの自治体と来る個人の力量で成果が左右されているのが現状なので、そこをうまく仕組み化できるかどうかでしょうね。もっとも、具体的にどうするかの提案については…ぼく自身が教えてほしいですね…(笑)

イケダ:もっとも、ある種の社会的投資としての意味合いもあるんでしょうね。地域としてよそ者が来るということだけでも意味があるでしょうし、そこで失敗したとしても、やはり双方に学びはあって。わかりやすい成功以外の効果というのも大きいと思います。

冨安:地域おこし協力隊が流行ることによって、地域にカオスが生まれると思うんですよ。平取町に住んでいて思いますが、地方で暮らしてると、付き合う人も行くところも限られて、価値観が広がらなくなってしまいます。良くも悪くも価値観をぶちこわしてくれることが地方にはもっと起きていく必要があるでしょうね。

例えば、地域の方々からしたら地域おこし協力隊??何ソレ??て思って当然ですし、気に入らない人もいるだろうし軋轢も生まれるかもしれません。協力隊も受け入れ側も今は失敗が多いかもしれないけど、きっとその分学びはたくさん生まれてますよね。


就活うつで苦しむくらいなら、地域おこし協力隊になろう!

イケダ:いやー、すばらしいですね。ホント、就活変に頑張らないでよかったですね。最近は「就活うつ」とか問題になってますが、協力隊に行けばいいんですよ。うつになるくらいなら。

冨安:うつ病で死にたいと思うなら地域おこし協力隊やろう!地方に目を向けてみよう!というのは伝えたいですね。地域おこし協力隊でもいいし、農業、林業だって若手の力は求められてますから。

一般化してる就活なんて手段の1つでしかないわけで、やり方はいくらでもあると思います。死ぬほど嫌なら辞めちまえばいいんですよマジで。

僕は死ぬほど就活をしたくなかったので、思い切って就活辞めて地方での道を模索し始めました。具体的には、SNS経由で会いたい人に会ったりイベント参加してみたり。実際に関東近辺の田舎に行ってみたり。僕自身ブログメディアの可能性も感じてたので、その時期にイケダさんにもTwitter経由で声かけて初めてお会いしたんですよ(笑)

僕はへたれなんですが、へたれなりに世の中に混乱をもたらす、という感じでやっていきたいと思います。

イケダ:すばらしい(笑)

冨安:本当に、就職活動に囚われる必要ないですよ。僕は4月から結果として公務員ですが、地域おこし協力隊の活動自体が就活みたいになったので、不毛なESとか面接対策とか何もしてないです。あと、地方は都会に比べたら圧倒的に公務員試験の倍率も低いと思います。

ある意味で、公務員をやりたい方は地方に行くというのは選択肢だと思いますよ。僕は地域おこし協力隊をやった平取町以外の場所では公務員やろうと思いませんけどね(笑)


------


というわけで悩める若者たちよ、ぜひ地域おこし協力隊になって地域にカオスをもたらしましょう。サイトを見るとわくわくしますよ。高知県土佐清水市とかいいなぁ。

地域を変えていく新しい力 地域おこし協力隊地域を変えていく新しい力 地域おこし協力隊

解説書も出ているので、気になる方はぜひ。

ドラマ『遅咲きのヒマワリ』は、東京で居場所をなくした主人公(生田斗真)が、地域おこし協力隊員として四万十で試行錯誤する様子をが描いています。協力隊ってなに? 実際にあるの? どんな仕事をしているの? 給料は? という疑問に答えるべく、全国で活躍する地域サポーターの素顔をまとめた初めての本です