ここ最近、NPO向けのブログ運営アドバイスを提供する機会が増えているのですが、フローレンス代表・駒崎弘樹さんのブログを頻繁に好例として取り上げさせていただいております。だって、めちゃくちゃ巧いんですよ…。


時事ネタをサクッと刺しにいく!

スクリーンショット 2014 03 28 21 00 01

駒崎さんが特筆すべきは、「今まさに話題になっていること」に、ハイクオリティな記事を刺しにいく能力。

たとえば、名記事と名高い「選挙に行かない男と、付き合ってはいけない5つの理由」。この記事がアップされたのは2012年12月15日。この日は衆議院選挙なのですよ。「選挙の当日」に、ネットでウケやすい「恋愛ネタ」を絡めたエッジの効いた内容の記事を届ける、というのはプロ顔負けのコンテンツ戦略です。

また、「今まさに社会で問題になっていること」についても、積極的・迅速・丁寧な解説記事を提供なさっていますベビーシッター事件についての解説記事はすばらしい内容です。池上彰さんばりの解説能力。


炎上覚悟、ブログを使って政策提言

駒崎さんはメンタル的にはかなりタフなようで、炎上してもおかしくないような提言をバンバンなさっています。タイトルセンスもプロ級ですね…。

NPOの社会的役割には「政策提言(アドボカシー)」もあると言われていますが、駒崎さんは個人ブログでガシガシとアドボカシーをやっちゃっているのがすごいです。もちろん、休眠口座活用のように行動も伴っています。

NPOというのは社会問題の解決に取り組んでいるわけですから、基本的にどこの団体でも、「ブログを使った政策提言」は行うべきだと思うんですよね。駒崎さん以外では、もやいの大西連さん稲葉剛さんなんかがガシガシやっています。

現場レベルのお話を伺うと、やっぱり炎上することに抵抗感があるようなんですよね…。社会を変えようとしたら、確実に摩擦は起きるものです。ネット上の誹謗中傷を乗り越えられるNPO人材が増えてくることを望んでおります(ブログでお悩みのNPOの方は nubonba@gmail.com までどうぞ。無償でアドバイスします)。


ライトな記事もイケる

固い記事だけじゃなくて、普通にブロガーっぽい記事も書くからすごいんです。

パパネット飲みとか超面白そうなので、引っ越したらぼくも実験予定です。これ新しい飲み会のスタイルになるんじゃないかな。

スクリーンショット 2013 08 21 12 44 00 thumb 600x433 626

ツイッター実況もできる

ちなみに駒崎さんは、プロジャーナリスト顔負けのツイート中継スキルもお持ちのようです。どんだけマルチなんですか。

中継の最中には、駒崎さんの解説も入ります。この至れり尽くせり感といったら。

ご自身の発言もリアルタイムにまとめてますが、これアシスタントとか入れてるのかな…?本当にすごいです。


NPOの代表クラスでここまで情報発信ができる人は、他にいません。というか、「経営者」という括りで見ても、圧倒的な巧さだと思います。メディア的なセンスの秘訣をどこかでじっくり伺ってみたいところ…。


著書もハズレなし。うーん…ホントすごい。