とあるブロガーに「さっさと会社を辞めるべし!」と力説していました。独立をお待ちしております。


会社員ブロガーと、会社を辞めたプロブロガー、どっちが面白い?

と言いますのも、「会社員をしながらブロガーやってます」というAさんと、「ブログでメシが食いたいので、会社を辞めてプロブロガーやってます」というBさんとでは、圧倒的に!Bさんの方が面白く見えるからです。みなさんの前に二人の人がいたとして、話を聞きたいのはやっぱり後者じゃないですか?

ぼく自身、「会社を辞めてブログだけで食っています」という自己紹介をすると、たいへん面白がってもらえます。特に中小企業のおっちゃんにウケがいいですね。さらに、ぼくの場合は赤裸々に売上やらアクセスのデータを開示するので、「そんな稼ぎ方できるんですか!」と盛り上がっていただけます。研修後の懇親会のテッパンネタと化しています。


対外的に見た時の「面白さ」というのは非常に重要です。第一印象のインパクトになりますから。

だいぶ前にリバネスの丸さんと居酒屋で初めてお会いしたときに「えっ!?ブログでメシ食ってるって、めっちゃおもしれーじゃん!そんなことできんの!?」と絡んでいただいたことが、強く記憶に残っています。多分ぼくが「サラリーマンやりながらブログ書いてます」という自己紹介をしていたら、「へー」で終わってたと思うんですよね。


ついでにいうと、会社員をやっていると、どうしても書けないことが出てきます。顔出しできなかったり、売上を公開できなかったり、業務で出会った話を書けなかったり、時間がなくて書けなかったり…

そういったコンテンツ面の制約も含めて、会社員ブロガーは「つまらない」存在になりがちです。よっぽど会社の自由度が高くないと、突き抜けたコンテンツを書くのは難しいです(ぼく自身も、サラリーマンブロガー時代は大いに自主規制していました)。


退路を断ったときに、人との出会いは加速する」という記事にも書きましたが、いざ飛び出してみると、色々な人が応援してくれるようになります。会社に留まっているうちは、時間も取れないし、組織の壁があってコラボもしにくいんですよね。

実際、冒頭で紹介した某ブロガーが本当に会社を辞めたら、ぼくは全力で応援することになるでしょう。もっとも、彼の場合は実力がハンパないので、それも不要な感じですが…必要であれば、色々人をご紹介します。


本気でブログで食べていきたい、もっと面白いコンテンツを作りたいと思っているのなら、思い切って会社の外に飛び出した方が、早く理想に近づくことができると思います。

目処としては、「会社員を続けながらブログを更新し、毎月30万PVをコンスタントに獲得できている」のなら、かなり余裕でプロブロガーになれると思います。会社を辞めて本気で更新すればPVは恐らく1.5〜3倍(45万PV〜90万PV)にはなると思うので、収益性を1PV=0.4円とすると、15万〜25万円は稼げると思われます。

とはいえ、扱うテーマや個性によってケースバイケースでもあるので、ブログで独立できるか不安な方はメールでご相談ください。最大限リアルなフィードバックを与えさせていただきます。