一週間、自炊中心の飛騨古川に滞在してきました。古川で外食したのは3回と、逆に少なすぎたかも…。が、その分、現地の方々が普段食べているものをたっぷり味わえました。


「おかずや 山本」が異世界

「何が美味しいですか?」と質問して、現地の方々が開口一番に紹介してくれるのが「おかずや 山本」。かれこれ5人くらいの方に「ここは行った方がいいよ(笑)」と伝えられました。みなさんなぜか語尾に「(笑)」が付いているのが気になりましたが、ぼくが泊まっていた「末広の家」から徒歩1分だったので、早速足を運んでみました。

入るや否や展開されたのがこの光景。なんですかここは!

IMG 2154

たくさんのおかずがバットに入って並んでいます。

IMG 2146

鍋でどどーん!

IMG 2145

飛騨古川の名物もたくさん。こちらは「こもとうふ」。

IMG 2153

イナゴです!パリッパリで夫婦そろってハマりました。これは常食したいなぁ。東京だとあんまり見ないですよね。

IMG 2151

こちらは若いタケノコをよく食べるみたい。めっちゃうまいです。

IMG 2158

揚げ物も充実。味付け卵を半分に割ったものを、海苔で巻いて揚げたそうな。

IMG 2150

これ、何だかわからなくて結局食べなかったのですが、栗きんとんをパイで包んで揚げたお菓子だそうで。めっちゃうまそう!

IMG 2152

焼き鳥と思われる串。タレが見たことがない感じ。

IMG 2156

メニューの全貌はこちら。ここに載っていないものも多いような…?

スクリーンショット 2014 01 25 12 44 09

これらの食材を、備え付けのパックやビニール袋に入れてお会計まで持ち込むと「はい、こもとうふ。そしてー、からあげ。そしてー。はい。380円ね(表示されている金額は386円)。いも天付けとくよ、ほいほい」とおばちゃんがおまけを入れつつ勘定してくれます。1パックに色々な食材を詰め込んでもちゃんと勘定してくれるので、どのように計算しているのか不思議です。おばちゃんすごい。

おかずや山本はこちら。「里山オフィス」を使ってここら辺に滞在するなら、確実にヘビーユーザーになると思われます。イナゴが美味しかったなぁ。


大きな地図で見る