冗談で出馬したと思いきや、本気で盛り上がってきた家入一真氏。


1時間のツイキャスを6,000人が閲覧

家入さんは街頭演説とかはするつもりがないようで、基本的にネットで戦う予定のようです。1/25 12:30〜13:30で早速現職の都議会議員・おときたさんと対談をして、その中継が延べで6000人に閲覧されたとのこと。こりゃすごい。

もちろん6,000人の中には都内在住者以外も多く含まれると思われますが、ネット動画をリアルタイムに6,000人が見るというのは、かなり例外的な規模だと思います。ニコ生の人気番組でもそこまでいかないですよね。ソーシャルでの拡散力に驚かされます。

この感じでほぼ毎日、対談を公開していくのでしょう。ターゲットは置いといて、延べのリーチ「数」でいうと、本当に街頭で演説するより多くなりそう。


#みんなの政策 でオープンガバメント

こちらも非常に面白くて、ハッシュタグで政策を募集しています。

集まっている提言はなかなかカオスです。

カオスではありますが、傾向としては社会的弱者・若者の視点から発せられた意見が多いように感じます。政策自体も「居場所」がキーワードになっていますし、納得ができます。


クラウドファンディングで選挙費用を集める

スクリーンショット 2014 01 25 20 08 19

おまけにクラウドファンディングで選挙費用を集めています(【日本初】クラウドファンディングで選挙に立候補!ぼくらの力で政治の常識をひっくり返そう!!)。かなり短期間ですが、達成するのだろうか…。


ぶっちゃけ、家入一真氏に投票するつもりはなかったけど、政策が普通に良いので一票を投じます」でも書いた通り、ぼくは家入さんに一票を投じるつもりです。完全にネタだと思ってたんですけど、ごく普通に、共感できるスタンスです。

先ほど言った居場所作りという話ですが、中2の頃に僕はいじめにあっていて、ひきこもりになったんです。18ぐらいまで家の中でずっと過ごしていて、学校に行かないでずっとインターネットをやっていました。いわゆる今でいうひきこもり、うつ状態ですね。

今の世の中にも当時の僕と同じようにふさぎこんで家から出れないとか、出られるけど行き場所がない子たちがいっぱいいる。そういう子たちが自殺をしたり。なんで日本でこんなに自殺が多いのかと思うんだけど、そういった質問に誰も答えられない。学校行かなくなった子が行けるフリースクールとかもあるけど、存在が知られていないし、大々的にそのことを言えない状況にあったりとか。就活したくないけどせざるをえない空気があって自殺しちゃったりとか。

そういう子たちが多い中で、僕らは自主的に行政に頼らず、居場所を自分たちでつくっていくことで、彼らが助けあって生きていく共同体をつくっていく。ネット使ってやれることがあるんじゃないかと。国とか行政に期待せずに、自分たちでつくってきました。

それで、シェアハウスの問題とかで、法律が厳しくなっていくとかあると思うんですよね。だから、そういう共同体を自主的につくっていくにしても、政治に無関心でいられないと思ったんです。

【超速報】家入一真氏の都知事選出馬記者会見を全文書き起こし「選挙や政治をうまくハッキングしたい」 | ログミー[o_O]