ネタで出馬しているだけかと思いきや、普通にいいことをおっしゃってます。

【超速報】家入一真氏の都知事選出馬記者会見を全文書き起こし「選挙や政治をうまくハッキングしたい」 | ログミー[o_O]


「居場所がある街・東京」。もっといろんな人たちが多様に生きていくための場所をつくりたい。

Ieieri 590x408

家入さんが掲げるざっくりとした政策は以下の3点。

堀江:政策をザクッと説明してください。

家入:本当にざっくりとしかなくて(笑)。正直、政治はよくわかんない部分も多いので。でも、一応3つあります。

1つめは、「居場所がある街・東京」。もっといろんな人たちが多様に生きていくための場所をつくりたい。

2つめは、仕事や遊びがとことん楽しめる、「遊べる街・東京」。

3つめは、政治をもっと身近に。特にインターネットを使って。「政治に参加したくなる街・東京」。

ごく普通に、ぼくの政治的なスタンスと近いです。特に「居場所がある街・東京」というのはすばらしいコンセプトですね。「宇都宮さんはいいこと言ってるけど、彼に入れるのはなんか違うかも…」と感じている層に地味に刺さる気がする。


「居場所づくり」に関しては少し詳しく語っています。

先ほど言った居場所作りという話ですが、中2の頃に僕はいじめにあっていて、ひきこもりになったんです。18ぐらいまで家の中でずっと過ごしていて、学校に行かないでずっとインターネットをやっていました。いわゆる今でいうひきこもり、うつ状態ですね。

今の世の中にも当時の僕と同じようにふさぎこんで家から出れないとか、出られるけど行き場所がない子たちがいっぱいいる。そういう子たちが自殺をしたり。なんで日本でこんなに自殺が多いのかと思うんだけど、そういった質問に誰も答えられない。学校行かなくなった子が行けるフリースクールとかもあるけど、存在が知られていないし、大々的にそのことを言えない状況にあったりとか。就活したくないけどせざるをえない空気があって自殺しちゃったりとか。

そういう子たちが多い中で、僕らは自主的に行政に頼らず、居場所を自分たちでつくっていくことで、彼らが助けあって生きていく共同体をつくっていく。ネット使ってやれることがあるんじゃないかと。国とか行政に期待せずに、自分たちでつくってきました。

それで、シェアハウスの問題とかで、法律が厳しくなっていくとかあると思うんですよね。だから、そういう共同体を自主的につくっていくにしても、政治に無関心でいられないと思ったんです。


普通に考えれば受かることはないでしょうけれど、一票を投じる意味は大いに感じるので、ぼくは家入さんに投票します。主要な候補を見ると、おじいさんばっかりですしねぇ。


家入さんがどこまで票を伸ばすかが楽しみですね。「最年少上場」「会社経営者」という肩書きを持ちつつ、若手・イケメンという下地もあるので、年長者層の票も案外稼いじゃったりして。ネット選挙的な文脈においても、注目すべき事例となるでしょう。