先日紹介した「Yappli」。これ、ホントにすごいです(有料アプリの販売でお小遣い稼ぎも:簡単アプリ制作ツール「yappli」に衝撃を受けた)。


10分でアプリがひとつできたよ

スクリーンショット 2014 01 11 20 45 52

Yappliのサイトを訪れると「誰でも作れるスマホのアプリ プログラミングや専門知識はいりません」の文字が輝いています。

…えー、ほんと?と疑いたくなる気持ちはわかります。論より証拠ということで、制作風景を動画にしてみました。

無料体験版の登録から、コンテンツ設定の完了までのプロセスをまとめています。ちょっと構図がわかりにくいんですが、画面左に映っているのは、ぼくの手元にあるiPhoneの画面です(Reflectorを使って映しています)

動画はもろもろ端折ってますが、実際の制作時間は10分程度です。これはあくまで「制作」なので、実際にアプリをリリースするためには、デベロッパーアカウントの取得や、App Storeの申請などの作業が発生します。ここら辺がだるいんですが、面倒な申請作業はYappliが代行してくれるので、それほど手間取られることはないかと。すばらしいですね。

Yappliチームのサポートのもと、ぼくも早速アプリをリリースすることにしました。ベータ版を制作していただいたのですが、ほぼ完璧。あまりにも早いので「もうできたんですか!?」とお返事したところ、「実質1日でできました」とのこと。いやー、早くみなさまにお見せしたい。


ブログメディアのアプリ化に最適

とはいえ、さすがに制作できるアプリの種類には限界があります。当たり前ですが、ソーシャルゲームとか、メッセージングアプリとかはつくれません。

事例ページを見ると、アーティストや会社、ショップなどの公式アプリとして利用されることが多いようです。面白いところでは攻略サイトをアプリ化して大もうけしているユーザーもいるとか…。

つばコレ公式アプリ
無料
(2014.01.11時点)
posted with ポチレバ

ぼくの観点からだと、これはブログメディアのアプリ化に最適な感じです。RSSフィードはもちろん、ツイッター、電子書籍、YouTube、写真、独自コンテンツの配信などの機能があるので、特殊なことをやらなければこれで十分です。将来的にはユーザー課金機能も提供するらしいですよ。

調べてみると、現代ビジネスとか東洋経済オンラインとか、大手のオンラインメディアも意外とアプリって持っていないんですよね。Yappli使えば一瞬でいい感じのアプリができるので、ここら辺の企業がこぞって導入しそうな気がします。


料金は月額9,800円から。通常のアプリの制作費、運用費を考えると格安だと思います。無料版もすぐに利用できるので、まずはお試しあれ。

Yappli - ヤプリ - iPhone&Androidのアプリ作成、開発ツール