ブログ運営ノウハウ

[ブログ運営] AmazonアソシエイトのデータをExcelで分析する方法

スポンサーリンク

自分用のメモも兼ねて、Amazonのアフィリエイトのデータ分析の方法を残しておきます。ブロガーの方はぜひお試しあれ。

ピボットテーブルを使おう

まずは管理画面にログインします。で、レポートをダウンロードします。分析にはExcelのピボットテーブルを使うので、ここでは「TSV形式でダウンロード」を選択してください。txtファイルが生成されるはずです。

スクリーンショット 2014 01 03 23 24 26

Excelで開きたいんですが、なぜかぼくの環境(Mac版Office)だと、ファイルが文字化けします…。まずは文字化けしないnumbersで開いて、データを整形します。

スクリーンショット 2014 01 03 23 29 59

項目が多すぎるとピボットテーブルが大変なことになるので、分析に不要な列を削除していきましょう。ストア、商品名、発送済み商品の三つにしぼりました。

スクリーンショット 2014 01 03 23 32 45

そんでもって、numbersからexcelに書き出します。

スクリーンショット 2014 01 03 23 35 32

遠回りですが、準備が整いました。

スクリーンショット 2014 01 03 23 37 35

表を全選択(command+A)して、「データ」ツールバーにある「ピボットテーブル」を選択します。

スクリーンショット 2014 01 03 23 46 40

「タブ」からピボットテーブルを起動することもできますが、うちの環境だとここから生成するとフリーズしました。フリーズする場合は、ツールバーの方から試してみてください。

スクリーンショット 2014 01 03 23 47 27

ツールバーからピボットテーブルのウィザードを起動して、OKを押します。

スクリーンショット 2014 01 03 23 48 22

すると、テーブル作成に移ることができます。ここ、かなり重い作業なので、連打せずに気長に待ちましょう。慣れないうちはどんなテーブルができるか自分でもわからないと思うので、色々いじってみてください。

スクリーンショット 2014 01 03 23 49 37

スポンサーリンク