ちきりんさんの本が超面白かったので、ちきりん論を書いてみようと思います。


「面倒くさがり」なちきりん

「ちきりん」というキャラの特徴のひとつは「効率性」。彼女は「自分にとって無駄だ」と考えることは絶対にしませんし、「社会全体にとって無駄だ」と思うことについては、おちゃらけながら厳しい批判を加えます。

たとえば、ちきりんさんはネットで議論しません。その理由は「時間の無駄」だから。

お気づきの方も多いと思いますが、ちきりんはネット上で議論をしません。

ブログで、トラックバックを使って他の方の主張に議論をふっかけることもないし、ふっかけられた議論を受けることもほとんどないです。私のブログは、私の考えたこと(思考、主張)を広く開示しているだけのものです。

ツイッター上でも「会話」をすることはあるけど、「議論」はしないです。ネット上で議論をしない最大の理由は非効率だからです。別の言い方では「時間の無駄だから」

「話し合って決める」という幻想 - Chikirinの日記

「時間の無駄」というのは個人的には激しく賛同するのですが、このスタンスを貫くかぎり、彼女には「限界」があることも間違いがありません。つまり、ちきりんは「効率が悪いこと」に手を出すことができないのです。


面倒くさいことの価値

さて、ぼくはネット上でどうしようもない人たちに絡むことを「時間の無駄」ということを知っています。が、ツイッターをフォローしていただいている方はお分かりのとおり、余力の範囲で彼らにいちいち絡むようにしています。

ホント、粘着匿名アカウントなんて、無視すりゃいいと思いますし、絡むことでかえって不利益も被っていると思いますが、あえて、ぼくは彼らに絡むのです。

それは、様々な理由がありますが、「面倒くさいこと」に取り組むのは、それ自体が価値であるという事実があるからです。


わかりやすいのでフィードバックから見ると、たとえばこんな声を貰っています。この方にかぎらず、この手の応援・賛意は多くの方から頂いております。

この方は、きっと「イケダハヤトの意図はよくわからないけれど『普通の人は面倒でやらないこと』に取り組んでいる」という感想を抱き、そのために、「応援」という態度に発ってくださっているのではないか、と思います。


一応解説しておくと、ぼくはネット上の著名人たちが、一様に「匿名アカウントなんてスルーすればいい」と考えていることについて、問題意識を抱いています。こういう「無視」は、彼らの暴力性を結局高めるだけに終わると思うのですよね。

「こいつらには何を言ってもだめだ」と思ったとき、暴力性によって倫理観が麻痺してしまった人たちは「実力行使をするしかない」と判断します。ヘイトスピーチなんかは、その軽度な実践でしょう。「まともに言ってもわからないから」、彼らは「韓国人死ね!」などと大声で叫ぶのです。

暴力性は他者だけでなく、自分にも向かいます。状況によっては「何を言っても無駄だ、自分のことばは伝わらない」と諦めた人は、絶望に陥り、場合によっては自死を選択してもおかしくないありません。

そんなとき、誰でもいいのですが、誰かが「あんたたちの話、聞いてやんよ。でも、オレにわかるように、ロジカルに伝えてくれよな」という態度を貫く有力者がいれば、彼らの暴力性に歯止めをかけることができる可能性があると思うのです。


どう考えても時間の無駄だけど、社会のためになるかもしれないこと

「あんたたちの話、聞いてやんよ」というポジションは、間違いなく面倒くさいです。自分の時間は奪われますし、もちろんお金にもなりません。生産的な話し合いにもならないでしょう。かえって相手を傷付けてしまうだけに終わるかもしれません。

でも、そういう人が「ひとりでもいる」ことが大切だとぼくは思うのです。個人としては「時間の無駄」ですが、社会全体で見たら、その人がいることで、暴力性の暴走を防ぐ「安全弁」になっている。

批判的にいえば、ちきりん的効率主義が貫かれた社会においては、「個人としては面倒だけど、社会全体としては意味があること」にリソースを割く人が皆無になります。アンチを張るわけではないですが、ぼくはその点に関しては、「ちきりん」に対してやや批判的な立場にあります。


ぼくは無益なことをしろ、という提言をしているわけではありません。そうではなく「個人としては面倒だけれど、その行為をすることで、社会全体が豊かになる(可能性がある)」という行為が世の中に存在することを指摘したいわけです。

もっとも、そういう行為にリソースを割くためには、圧倒的な余裕が必要です。「暇だし、ちょいと無駄なことでもしてみっか」と、娯楽の一種として無駄なことをする、という境地です。この余裕を持っているひとは、相当達観している人か、高い社会的立場にある人くらいでしょう。

でも、「ちきりん」はそのくらい余裕がある人のようにも思えるんですよね。彼女の影響力と知力をもって、「どう考えても時間の無駄だけど、社会のためになるかもしれないこと」に注力すれば、すばらしい影響があると超勝手に期待しています。


ただ、こういう仕事は、ぼくのような人間にに残されたブルーオーシャンなのだとも思います。ちきりんさんとその世代・その価値観に共感するひとがコミットしなければ、ぼくがそのポジションを取るまでです。

若い人たちが社会起業家に憧れて、色々な取り組みをしているのは、まさにぼくら世代が「どう考えても時間の無駄だけど、社会のためになるかもしれないこと」を取りに行っている証左なのでしょう。儲かるビジネスはまだまだあるのに、彼らは使命感をもって、あえて面倒くさい領域に立ち向かっています。


ちきりんと資本主義

まとめますと、効率主義的な「ちきりん」は、構造的に「個人として考えると時間の無駄だけど、社会のためになるかもしれないこと」への射程が狭まります。それは、彼女が孕む限界といえるでしょう。

さらにいうと、ぼくは「経済成長・効率性を至上価値とする資本主義」はすで古くなっていると考えています。だって、経済はたいして成長していないし、社会問題も悪化する一方じゃないですか。「これまでのやり方」を変えなければ、社会は破綻するというのがぼくの世界観です。

効率主義的な「ちきりん」を「資本主義」になぞらえるならば、彼女の限界は資本主義の限界とシンクロしているようにも思えます。資本主義が非効率になれば、ちきりんも非効率になります。まぁ、彼女はうまく自分をアップデートするはずですなので、これは杞憂でしょうけどね。


というわけで、ちきりん論を書いてしまうくらい刺激的な作品でした。良い本なのでぜひ。あなたのちきりん論を聞かせてください。